地震補償付住宅|船橋市・鎌ケ谷市・習志野市の不動産のことなら、地域密着のセンチュリー21アイリンクホームにお任せください!

地震補償付住宅

地震は「いつ」「どこで」「どれくらいの大きさで」
起こるかわかりません。

センチュリー21アイリンクホームでは地震専門の保険業者からの認定を受け、
国内唯一の「地震補償付住宅」を導入しています。

arrow

震災時、最大500万円が受け取れます

「地震保証付き住宅」を導入した理由

地震の被害は住宅の倒壊だけではないから
耐震性のある住宅でも、隣家からの火災(延焼)や土砂崩れ・津波など防ぎきれない地震被害があります。
地震に対する手厚い補償はいかなる場合も必要です。
地震保険だけでは住宅再建が難しいから
地震保険は、火災保険の50%までの補償です。
地震保険に入っていても必要な資金が不足する場合があります。
住宅に掛けられている保険・保証では地震が保証されないから
住宅か緋担保責任保険、地盤保証などの住宅に掛けられている保険・保証では
地震を原因とした損害が補償されません。

1,400万円のマイホームが地震で全焼したら、家計の収入はどうなるの?

◎必要となる費用
住宅の建て替え費用 1,400万円
家電・家具の買換え費用 100万円
引っ越し費用 20万円
建て替えまでの仮住まい家賃 80万円
合計 1,600万円
◎利用できる資金
国からの補助金 ※1 300万円
地震保険 ※2 700万円
合計 1,000万円

※1 被災者生活再建支援法の補助金。
全壊で100万円、建物の再建・購入で200万円の合計300万円。1名世帯の場合は上記の4分の3。
※2 火災保険の補償額1,400万円の50%

生活を元通りにするために600万円(1,600万円−1,000万円)が不足します。
残りはどこから工面すればいいのか?

老後の資金も心配… 親からの借金にも限界が… 子供の学費は大切…※日本震災パートナーズのシミュレーション

「地震保証付き住宅」なら以下の保険金が受け取れます!

地震による全壊の場合 地震による大規模半壊の場合 地震による半壊の場合
500万円 250万円 83.3万円
お支払い基準は、地方自治体が発行する「り災証明書」の被害認定になります。
1981年6月以降に新築の住宅の場合、地震保証ご提供の対象とならない場合がございますので、ご了承ください。
1名様世帯の場合は、左記の60%(最大300万円)の保証になります。

※二年目以降の補償継続は、お客様がご自由にお決めいただけます。
2年目以降も補償継続をご希望の場合はお客様に保険料のご負担をお願いします。