建物工法・構造について|注文住宅を建てる|船橋市・鎌ケ谷市・習志野市の不動産のことなら、地域密着のセンチュリー21アイリンクホームにお任せください!

注文住宅を建てる

建物工法・構造について 長く住まう家族のために安心と快適をお届けします。

充実の標準仕様で安心で快適な住宅を提案いたします。

建築基準法の1.5倍「耐震等級3」相当の耐震設計

「耐震等級3」は、国土交通省が2000年に定めた、住宅性能表示制度における耐震性能の最高等級です。建築基準法では、極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震による力が定められており、この力に対して倒壊しない程度のものを「等級1」としています。 スーパーストロング構造体バリューは、全棟で「耐震等級3」相当を実現しています。

充実の標準仕様で安心で快適な住宅を提案いたします。
「耐震等級3」相当の強さの理由 スーパーストロング構造体バリューの家
壁が強い!
スーパーストロング構造体バリューの家は、建物の形や大きさに応じて必要な壁の量を算出するため、地震に強い家といえます。
床が強い!
スーパーストロング構造体バリューの家は、形状や大きさに応じて必要な床の量を算出し、不足している場合は補強を行うため、地震に強い家といえます。
基礎が強い!
スーパーストロング構造体バリューの基礎は、建物の形状や大きさに応じて基礎を配置し、強度不足の場合は配筋の補強を行うため、地震に強い家といえます。
安心の仕様!
工場で加工された柱や梁などは、高品質で一本一本強度を確認することができるため、高精度な構造計算を行うことが可能になります。 また、工場でミリ単位の精度でプレカット加工された資材は、バラつきやミスがないため現場での施工精度も高まります。
住宅瑕疵担保責任保険「JIOわが家の保険」に加入
JIO 株式会社日本住宅保証検査機構
基本構造部分に瑕疵が発生または発見された場合、JIOからその修補等にかかる費用の一定の割合を保険金として支払われます。住宅事業者倒産の場合もJIOから修補費用等が支払われます。
万が一の震災時も安心な耐震補償

日本の国土面積は世界の0.25%ほどの大きさしかありません。しかし世界で起こる巨大地震の5回に1回が日本で発生しています。これまでの地震災害を教訓に、耐震設計を用いた「スーパーストロング構造体バリュー」を開発し、さらに「耐震補償」を実現しました。万が一、地震の揺れが原因で「スーパーストロング構造体バリュー」で建てた住宅が全壊した場合、建替え費用の一部を最高2000万円まで負担します。この「耐震補償」は、一般的によく知られている「地震保険」とは違い、品質保証の一環としておこなわれるものです。私たちは、家を建てる前も、建てる時も、建てた後も住まいづくりの安心をお約束します。

耐震補償の期間は、瑕疵担保責任保険の期間と同じく10年です。

※ スーパーストロング構造体バリューで建築した家が、直接加わった地震の揺れを原因とする損壊によって補償建物について生じた損害が全壊の場合、一定の条件のもとに、建替え費用の一部を負担します(現金での補償はいたしません)。補償建物の条件、補償の内容、最高限度額、免責事項等については、をご確認ください。